畳替えの方法

畳を長く賢く使うためには、定期的な畳替えをおすすめします。
畳の張替えは「畳と床板の点検」にもなり、異常の早期発見につながります。
畳替えには3種類の方法があります。

表替え

①・②を新しくすること
畳床はそのまま生かして、新しい畳表に取り替えることです。
畳床を再利用するので、畳全体を買い換えるより経済的でエコロジーな施工方法です。

裏返し

①を新しく、②の裏面を使うこと
現在使用している畳表を裏返しにして、張り替えることです。
畳表は平均3~4年で裏に返すのがよいとされています。
畳の裏返しを上手に行うことで、一枚の畳表をきれいな状態で長く使うことができます。

新畳

①・②・③を新しくすること
現在使用している畳をすべて新品にすることです。
畳床、畳表、畳縁が新しくなります。

畳替え価格

(価格はすべて国産畳表、税別)
畳の種類はこちら

*お見積りは無料!
*当店は「練馬区内共通商品券」取扱店です。

畳替えはこんなにカンタン!